業務のご案内

公正証書・内容証明

公正証書とは

公正証書は、相手方が金銭の約束を守らないときに、直ちに強制執行できるというものです。相手方(債務者)の動産、給与などを差し押さえることができるという執行力があります。公証人とは、法律家の専門家で法務大臣が任命します。

 

公正証書にはどんなものあるか

1.遺言公正証書
2.離婚給付契約公正証書
3.任意後見契約公正証書
4.金銭消費貸借公正証書
5.委任契約公正証書
6.尊厳死宣言公正証書
7.定款(法人の基本とする決めごと)
※その他の場合は、お問合せください。

公証役場にて公正証書作成時に必要な書類

    1.印鑑証明書と実印
    2.運転免許証とミトメ印
    3.顔写真付き住民基本台帳カードとミトメ印
    4.運転免許証に書かれている住所と現在の住所が違う時は住民票が必要になります(離婚の場合)

公正証書って何ですか

「公正証書ってなんですか」という質問される方ににあったことはないです。そもそも、なんだか分からないけど、いざという時安心だし……ということではないでしょうか。実は、私も行政書士になる前そうでした。聞いても理解できそうになかったからか、聞くのも恥ずかしいと思ったのか分かりませんが。必要書類については、よく聞かれます。そんな公正証書ですが、約束というものは、あてにならないので、しかも、長い期間にわたっての約束ですから、当事者同士である、債権者(お金を貸す方)債務者(お金を借りる方)の関係では争いを未然に防ぐ、賢い方法と言えます。

↑ページトップに戻る

内容証明とは

内容証明は改まった手紙。 トラブル解決に一役をになうのがこの内容証明です。 私生活から仕事上のもめごとまで紛争解決の「初めの一歩」です。 そんなとき、「改まった手紙」で、きちんと相手に言いたいことを言っておくことができます。 自分の意見を簡潔にはっきりさせておく確実な一歩です。

内容証明の効果

  • ① 誰が誰に
  • ② いつ出したか

公的機関(郵便局)が証明してくれます。

郵便局が証明してくれること

  • ① 郵便局が同じ内容の手紙を保管し、「手紙の内容を公的に証明」する。
  • ② 郵便局の認証スタンプと日付印により「いつ出したかを証明」する。
  • ③ 配達証明付きにすることで、相手に「届いた日付を証明」する。
  • ④ 控えをなくしたとき「郵便局に再度、内容を証明」してもらえる

※「内容が正しい」「強制してくれる」力はありません!!

内容証明はあなどれません

  • ① 相手に心理的プレッシャーがかかります。
  • ② 相手の出方を見る。

内容は手紙ですから、自由に書いてかまいません。
ただし、内容証明が届くと相手との間に緊張感が生じます。
柔らかいトーンにするか、強いトーンにするかは専門家に相談されるとよいでしょう。

↑ページトップに戻る

内容証明を出した方がいい場合

権利を放置しておくと、「時効」という制度で消滅してしまいます。 これを阻止するために、まずは、債務者に請求し、その後6か月以内に裁判手続きを取らなければなりません。 この請求は内容証明で行い、証拠として残しておくべきです。

債権の時効による消滅

宿泊代金、飲食代、運送費 1年
給与、売掛金 2年
請負代金 3年
利息、賃料やそのほかの商事債権 5年
一般債権、判決で確定した債権 10年
不法行為に基づく損害賠償請求権 損害及び加害者を知ったときから3年
約束手形(振出人への請求) 支払期日から
3年

↑ページトップに戻る

内容証明を出してはいけない場合

  • ① 証拠保全がいる場合
  • ② 緊急事態の場合(財産の保全手続きが、まず必要です。)
  • ③ 人間関係などを大切にしたいとき。
  • ④ やぶへびになる場合

↑ページトップに戻る

内容証明作成案内

内容証明の書き方

用紙1枚につき、字数・行数に決まりがあります。
1枚520字以内で、1行20字26行以内か、26字20行以内にしなければなりません。縦書きでも横書きでも構いません。
年月日・住所・氏名・印鑑は絶対に必要です。2枚にわたるときは、ホチキスで綴じて、つなぎ目に判を押す。3部必要です。

内容証明に使える文字・数字・記号

① 半角数字→1字
② 全角数字→1字
③ %・+・-・=→1字
④ m→1字
⑤ ㎏・㎝・㎡→2字
⑥ No.→3字
⑦ 「」・( )→1組で1字
⑧ ①・(1)→2字

郵便局に持参するもの

① 相手に郵便で出すので、封筒が1枚。(宛名は本文と同じでなければなりません。)

② 内容文書1通・謄本2通(同じ手紙を3部用意します)
※内容証明郵便の中には、資料や写真などを入れることはできません。別に配達証明郵便で送ります。

③ 郵便料金

内容証明料 420円(手紙が1枚の場合)
書留料 420円
通常の郵便料 80円(定型郵便物25グラム)
配達証明 300円
速達料金 270円

※手紙が1枚の場合は1220円。これに、一枚増える毎に250円を足していきます。

④ 印鑑
郵便局でチェックされることもあるので、差出人の判を必ず持参しましょう。

権利を放置していると、時効になります。気をつけましょう!!

↑ページトップに戻る

内容証明に関する報酬

本人作成 15,000円
当職差出:印鑑、記名 25,000円+経済的利益2~5%
回答書作成 25,000円~
作成指導  20,000円~

【内容証明は日常生活の場面で上手に活用しよう】
契約解除・クーリングオフ・中途解約・未払い賃金請求・退職金支払請求・未払残業代請求・解雇無効・損害賠償請求・離婚・慰謝料請求・売掛金請求・敷金返還請求・滞納家賃請求などに威力を発揮します。

初回、メール・お問合わせフォームよりのご相談は無料で受け付けています。

公正証書・内容証明についてのお問い合わせはこちら
「公正証書・内容証明ご相談フォーム」

ページトップへ